忍者ブログ
2017.04│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

競馬予想 無料 2月 京都競馬場開催 きさらぎ賞についての情報掲載☆レースデータ分析も公開中!

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

競馬予想 無料 きさらぎ賞 出走資格と賞金


出走資格

サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬、

JRAに認定された地方所属の競走馬(2頭まで)

及び外国競走馬(8頭まで)。


負担重量

別定で牡馬・騸馬は56キロ、

牝馬は54キロを基本とし、

更に日本馬については収得賞金額2,000万円以上の競走馬は1キロ、

外国調教馬については重賞競走優勝馬の競走馬は1キロの負担重量が課せられるよう定められている。

2006年の番組改定において、

3歳クラシック以前の実績馬の選択肢を増やす目的で、

負担重量の上限が57キロ(牝馬は55キロ)になるように現在の条件に変更された。



総額賞金

7,600万円で、

1着賞金4,000万円、2着賞金1,600万円、3着賞金1,000万円、

4着賞金600万円、5着賞金400万円と定められている。



中京競馬場での開催時は、

東上前に左回りコースを経験させる意味で、

有力馬がこのレースに使う機会が多く見られた




タグ:競馬予想 無料  ゲーム

PR
競馬予想 無料 きさらぎ賞 概要


1961年に関西地区のクラシック競走への登竜門として4歳(現3歳)以上の定量の重賞競走、

きさらぎ賞として創設、第1回は現在とは違い中京競馬場の砂コース

(現在のダートとは異なる)

1200mで施行された。

しかし1965年には砂コース1700mに変更。



1970年には中京競馬場の芝コース新設工事により

京都競馬場の芝外回り1600mで施行、

翌年には現在の芝1800mに変更された。


1972年には混合競走に指定、

1984年にはグレード制施行によりGIIIに格付け、

1987年には施行場を現在の京都競馬場に移し、

別定の芝内回り2000mに変更された。


1991年には再び芝外回り1800mに変更、

1996年には特別指定交流競走に指定、

2009年には国際競走に指定されている








タグ:競馬予想 無料  ゲーム

競馬予想 無料 きさらぎ賞 について


きさらぎ賞(きさらぎしょう)は、

日本中央競馬会(JRA)が京都競馬場の芝外回り1800mで施行する

中央競馬の重賞(GIII)競走である。

競走名は陰暦の2月である如月から由来。

また、日本放送協会(NHK)より優勝杯を提供されている事から

NHK賞」の副称が付けられている

(ただし、同じNHK協賛のNHKマイルカップとは違い、

NHKでの放映・放送は行われていない)。



開催地 京都競馬場
施行日 2009年2月15日
格付け GIII
1着賞金 4200万円
距離 芝・外1800m
出走条件 サラブレッド系3歳(国際)(特指)
負担重量 56kg、牝馬2kg減、日本馬は収得賞金2000万円以上は1kg増、外国調教馬は重賞競走優勝馬は1kg増。
第1回施行日 1961年2月19日





タグ:競馬予想 無料  ゲーム

Prev1 2 3 4 5 
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
キサラギ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R